スマホ対応PC対応
対魔忍アサギ

アプリ名 対魔忍アサギ〜決戦アリーナ〜
配信会社 DMM
対応機種 iPhone/Android/PC

 

対魔忍アサギ|評価と攻略まとめてみた!

 

対魔忍アサギ|評価と攻略まとめてみた!

 

対魔忍アサギ|評価と攻略まとめてみた!

 

対魔忍アサギ|評価と攻略まとめてみた!

 

対魔忍アサギ|評価と攻略について

 

2005年に発表されて以来、現在までに複数の続編や外伝、番外編が発表され続け、シリーズ合計は30万本を超える人気長寿ゲームのソシャゲ―版。

 

時系列的には第1作目から6年後の「対魔忍ユキカゼ」、世界観と登場人物の周辺設定は「対魔忍アサギ3」を基にしているが、整合性がややこしいのか、パラレル的な扱いとなっている。

 

アサギと言えば、鬼才むらかみてるあきが手掛けたOVA版にも代表される通り、超のつく鬼畜系であり、ドSやリョナ好きプレイヤー以外はお断りと言っても良いほどのニッチ作。

 

そのため、ムフフ(なんて生易しいもんじゃないが)の場面は正直言ってウルトラハードなド畜生的描写であり、相当覚悟が必要である。

 

しかしながら、それ系が大好きなフェチの方には馬鹿ウケな作品ということである。

 

運営側もその辺りの空気を読んでいるのか、ムフフシーンを見るための手順はレベル上げのみというソフト仕様で今の所は対応してくれているようだ。

 

さて肝心のゲームシステムだが、システム的には良くも悪くもオーソドックスである。

 

特にこのゲーム独自の仕組みがあるわけでもない。ソシャゲに親しんだ人であれば、ドンドン、ゲームを進行できるだろう。

 

ただ、無料で遊び通すためには、それなりにまったり的な体感時間で臨まないと、重課金をするはめになる。

 

なぜなら、レイドバトルで必要なBPやゲームの進行に必要な体力の減りが恐ろしく速く、おろおろしていたら、あっという間に終了してしまうからだ。
汚いなさすが忍者きたない――。

 

ちなみに、BPは放置20分で1回復するが、回復中にレイドバトルしたり、アイテム回復を使用したりするとやり直しになるので、注意しなければならない。

 

例え19分だったとしてもアウトである。

 

カップラーメンより厳しい時間遵守が求められるのだ。

 

また、ボイスに関してはムフフ(ハード)シーンのみ。

 

しかも音声OFFでボイスがつき、音声ONでボイスなしというヘンテコ仕様であるので注意。

 

また、BGMや効果音も一切ない。汚いなさすが忍者きたない――。

 

▼対魔忍アサギ▼

プレイしてみる