スマホ対応PC対応
先生、学校でしようよ!|簡単攻略&口コミ情報

アプリ名 先生、学校でしようよ!
配信会社 DMM
対応機種 iPhone/Android/PC

 

先生、学校でしようよ!|簡単攻略&口コミ情報

 

先生、学校でしようよ!|簡単攻略&口コミ情報

 

先生、学校でしようよ!|簡単攻略&口コミ情報

 

先生、学校でしようよ!

ゲームタイトルからして美少女ゲームと思うかもしれないが、なんと実写モノである。

 

現役の、しかも割と有名所の並木優や上原亜衣、うしじまいい肉などが出演しているのが本作の特徴。

 

実写モノを題材にしたゲームアプリに多く見られる特徴としては、ただ実写画像を並べただけでゲーム自体の作りこみや設定が甘い部分があって、人気は右肩下がりに下降して行く物が多いのだが、本作は意外(失礼!)にも真っ当に作られており、人気はクチコミなどで右肩上がりらしい。

 

ゲームの大雑把な話の流れは、女子校の教師となって生徒とイチャラブしながら、総勢100名規模のハーレムを創り上げるというもの。

 

100人なんて突拍子過ぎると思った初心者の方、実はこの手のゲームでは割と普通の数である。

 

本作の人気の部分は、まず導入部でチュートリアルの短さと獲得報酬の豪華さが挙げられる。

 

普通はだらだらとチュートリアルが長てく、報酬も直ぐに使いきってしまう粗品が多いのだが、本作はササッと終わって強いカードが貰えるガチャ手に入るのだ。

 

そして、ゲームの進行も、学園設定を上手く使ってあくまでも「授業」をベースにして、割と真っ当な教師ものとして進行して行くのだ。

 

「授業」を行うと、必ず「問題児」が出現し、彼女を指導と言う名の下に撃破するとカードや経験値が手に入るという仕組みだ。

 

他プレーヤーとの対戦は2種類あり、同じ学校内のプレーヤーと戦う模擬試験と、別の学校のプレーヤーと戦う対校戦とが存在し、気が抜けない。

 

チャットを使っての連帯が物を言う場合もあるので、そういうシステムに成れたマメな人向きと言えるだろう。

 

また、皮肉なのかそういう仕様なのか、「風紀委員長」なるキャラが頻繁にレイドバトルを仕掛けて来るのだが、これが中々手強い。

 

是非、遊んでみてくださいね。

 

▼女子高の教師になってみる▼

プレイしてみる