恋人は野獣あらすじ

爆弾女と呼ばれる無敵美人OLの滋は、自分をセフレ扱いした後輩の結婚式でとんでもない発言をした後、酔った勢いで冴えない同僚の福山とエッチしてしまった。

 

酒グセの悪さに後悔しつつも、カラダは甘くうずく感覚を忘れられない。まさかあの福山がすっごいテクニシャンだったのか!?そんなわけないと確かめようとする滋だったが…。

 

恋人は野獣レビュー

肉食系OLと軟弱会社員という組み合わせが面白かった。なんでもかんでもズバッと表に出してしまう滋に驚きもしましたが爽快感も味わえました。

 

敵には回したくないタイプだけど(汗)頼りない福山が滋をかばう場面には思わずキュンッとしてしまう。女性のことを素直にカッコイイから好きと言えてしまう福山って意外とイイオトコなんじゃ…。

 

野獣な滋には、ほんわか癒し系の福山がピッタリ。エッチも女性側がイケイケっていうところに二人らしさが表現されていたと思います。

 

仕事もできるし、男にも女にもモテるイケメンエリート・関根圭一郎。そんな関根くんは、鈍感で受身で、器用貧乏で、、、なんでも普通以上にできてしまうのに、なんかちょっとズレてる残念なイケメンくん。

 

自分の中には何もない、そんなことに焦った関根くんは、なぜか手芸をやってみようと思い立ち、小さな手芸屋さんに向かう。そこで店主のちょっと変わった老人と、その孫娘のサラに出会う。ついに、受身人生の関根くんが動き出す?関根くんの恋が始まる予感……。

 

こんなに揃いすぎるくらい、すべてを持っている男であるにも関わらず、残念な男と認定されてしまう始末。でも、そんな関根くんが可愛くて仕方ありません。その見た目からは想像し得ない行動とのギャップに心を奪われます。

 

やっとの思いでデートになるのですが、ググってしまうのですよ、「都内 外出 男女 はじめて」。罪の領域です。おもしろすぎます。

 

空っぽを埋めるのはなんでもよかったはず、そこに編み物を持ってきちゃうあたりが関根くんなんです。

 

なんでもできてしまうので、編み物もどんどん上達していくのですが、そこに目的が存在していないので、出来上がた作品はどこか虚しさすら感じてしまいます。虚しさを感じている関根くんに、また心を揺さぶられてしまうのです。

 

不器用に動き出した関根くんの恋が成就することを願わずにはいられません。