さっちゃんの童話

みんな知ってる童話のヒロインがエ●チに乱れ狂う。子供には見せられない大人のおとぎ話。

 

ヒラメ顔の許嫁と望まぬ結婚を迫られていた人魚姫。強引に迫られ彼を尾の一撃で吹っ飛ばしてしまう。しかし勢い余り近くを通りかかった船も一緒に転覆させてしまって、中に乗っていた人間が溺れてしまう。

 

何とか岸まで彼を引き上げた人魚姫だったが海洋生物の彼女には溺れた人間を蘇生させる方法が分からない。

 

身体をまさぐり大きく膨らんできたところを見つけると先っぽに空気穴が。

 

人魚姫は硬く棒状に変形した物を口に含み空気穴から息を吹き込む。激しいストロークから繰り出される快感に男は飛び起きた。

 

タイトルから予想されるとおりのムフフなパロディです。馬鹿馬鹿しいを通り越しいっそ清々しささえ感じさせます。

 

ぐったり動かない全身で一部分だけが反応し、そこを見たら空気穴が付いてたので息吹き込んでみましたって最低な幕開けだな(笑)

 

あと、そこは入れるとこじゃない、入れてから出す穴だ!

 

「本当は怖いグリム童話」が流行った時期ありましたけど、あれ実はエロい話も多いんですよね。本当はエロい童話集とか誰か作ってくれないかな。

 

この漫画ほど頭のねじ飛んだ幕開けはないと思うけど。