ヨーダの桃膜

阿部やすしには金髪ハーフの幼なじみティヤが居た。白人モデル専門の有名ティーン雑誌で下着モデルとして惜しげもなく披露する身体は全男子生徒憧れの的にもなっていた。そんなティヤが恋するのは雑誌の読者モデルを務めイケメンだが超ヤリチンと噂の先輩。

 

ティヤは先輩の前で取り乱したり失敗したりしないように手を繋ぐ練習、デートする練習、キスする練習をやすしに頼んでいた。ティヤとキスできる嬉しさと単なる練習台にしか見られてない口惜しさに苛まれるやすし。

 

2人の予行練習は遂に本番にまで達し……。

 

小さいころから家が隣同士で一方は平凡な家庭、もう一方はお嬢様の設定って漫画ではたまに見ますけど、現実だと大体所得で住んでる場所が別れるから隣家で経済格差がハッキリつく事ってあまりなさそうですね。

 

毎日お兄さんのスポーツカーで送られて登校するティヤ。存在が完全に周囲から浮きまくってます。やすしは小さなころから一緒に居た分もう遺伝子レベルで違いすぎる別世界の住人なんだと半ばあきらめムード。だけどヤリチンで有名な先輩に取られるのは嫌で。

 

彼女の初めてをすべて知ってることが優越感にはならない。数日後には上書きされること知ってるから。少年の複雑な心理ですね。忘れられると分かっていても何か印象を残しておきたいと、願う少年の気持ちに感動しちゃいますよね。アダルトな作品なのに(笑)たまに、アダルト作品なのにストーリーに熱中しすぎてエロを忘れてしまいがちな時があります。まさに、そんな読み応えのある作品だと思います。

 

白人モデルは、日本人なら憧れる所ですね。そんな相手とアダルトな関係になれるなんて、スマホマンガならではの展開ですね。マンガの世界だからこそ楽しめる作品だと思います。